ねず色/Gray

d0090888_10155536.jpg
Gray is called" mouse color"in Japan.

For Japanese, It is not a color of a not much good impression.

「暮しの手帖 57」の雑誌に「グレーという色」と言うタイトルで デザイナーの 深澤直人氏が「日本人よ もっと グレーを ハイセンスに 活用しよう」と言う内容の 文章を お寄せに なって いたのですが 私も 以前から 思っていたことだったので うんうん 頷きました。

もっとも 江戸時代の 日本人は「四十八茶 百鼠」・しじゅうはっちゃ ひゃくねず と言われるように たくさんの 茶色と灰色を 持っていました。

銀鼠(ぎんねず) 素鼠(すねず) 桜鼠(さくらねず) 梅鼠(うめねず) 利休鼠(りきゅうねず) 藤鼠(ふじねず)・・・日本には 灰色に関する たくさんの 色名が あります。
ねずみ と言ってしまうと ネズミを 想像してしまい 粋ではないので ねず で止めた 言い方を します。

ピンクがかった ネズミ色を「桜ねず」「灰桜」なんて 言ってみるのも ネオクラシックな 感じで カッコイイかも。

最近 私が よく はいている スカートは「根岸色」(緑がかったグレー)で 上に着る物が 合わせやすいです。   
[PR]
by rikiushi_blog | 2012-06-03 11:23
<< 手塚治虫プロダクションX宇宙の... 力丸潮の篠笛講座/Japane... >>