<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

力丸潮の篠笛講座/Japanese bamboo flute

d0090888_23274369.jpg
It is pleasant to play Japanese bamboo flute in clean air.

I sometimes go to a mountain to play Japanese bamboo flute.

世間では ロングブレスダイエットなるものが 流行っているようで かの経済評論家の 勝間和代さんも 泣きながら ロングブレスダイエットに 挑戦し お痩せに なったようです。

篠笛を 吹くのも ロングブレスダイエットみたいなものですよね。

息を 吸って 息を はく それだけの ことなのですが 結構 体力使います。

空気の澄んだ 自然の中で 笛を 吹くのは とても 気持ちが いいもので 私は 時々 篠笛を 吹きに 奥多摩方面に 向かいます。

コンサートで 吹く時のような 緊張感は まったく なくなり 谷川に 響く 笛の音は 自分と 宇宙が 一体になったような そんな 大きな 生きている 喜びを 私に 与えてくれます。

お祭りの 喧騒の中 篠笛を 吹く方も たくさん おいでに なるかと 思いますが 静かに澄んだ 自然の中 ひとり 笛を吹いてみるのも 何か 新たな 出会いが あるかも しれませんね。 

  
[PR]
by rikiushi_blog | 2012-05-28 00:19

極上美の饗宴/UKIYOE

d0090888_19554426.jpg
Information
NHK BS TV Program
Re-broadcast
5/23 am.8:15-9:15
The banquet of beauty of superfine quality
The last Ukiyoe artists

お知らせ

先日 放送されましたが 再放送のお知らせです。

NHKの衛星放送番組「極上美の饗宴」今回は 幕末から 明治にかけて 活躍した 最後の浮世絵師
と呼ばれる 月岡芳年(つきおかよしとし)と 小林清親(こばやしきよちか) この二人に スポットを あてています。

そして 浮世絵世界への 案内役として ビジュアリストの手塚眞氏が 出演なさっています。

番組の中で 手塚氏は 月岡芳年と 小林清親の 浮世絵作品を 映像化するということに 挑戦しています。

で その映像に 流れる音楽を 松岡政長氏(Synopiaシノピア  篠笛・力丸潮 ピアノ・湯田亜希 作曲・松岡政長 Synopiaの作曲担当しています)が 作曲しています。

浮世絵は 江戸時代に 隆盛をほこり だんだんと すたれていきました。時代が変貌していく 狭間で 芳年と清親が 取り上げた 浮世絵の題材は 二人とも 大きく違うけれど どこか 共通するものを 抱え 制作をした 時代の中のモガキを 改めて 感じる 饗宴でした。 

再放送 5月23日水曜 午前8時15分から
NHK BS 放送 「極上美の饗宴 幕末明治~最後の浮世絵師~芳年と清親の東京下町」 
[PR]
by rikiushi_blog | 2012-05-19 20:35

暮しの手帖タイム/Coffee and Magazine

d0090888_22262768.jpg
There is a coffee shop with many books.

As for me,it is pleasant to read an old magazine at the coffee shop.

「暮しの手帖」という 1948年から 続いている 婦人雑誌が あります。

で その「暮しの手帖」の創刊号が 置いてある 喫茶店が 国立・くにたちにあり 私は 時々 その「手帖」を 読みに 行きます。

今 読むと 結構 驚くような内容で 創刊号の 特集記事には「ブラジアのパッドの作り方」なんてのが 詳しく 解説されていたりします。

タイムカプセルに 乗らなくても カフェで 戦後の昭和の時代に タイムスリップできます。

珍しい雑誌や 本の置いてあるカフェは 楽しいです~

お知らせ
文藝春秋6月号に 吉田さらささんの「石の神さま仏さま」の 文章と写真が 掲載されています。
金戒光明寺の阿弥陀さまの ヘアースタイルは キョーレツですね~ 





 
[PR]
by rikiushi_blog | 2012-05-17 23:21

ゆきがた知れず/Feather

d0090888_2229540.jpg
I lost my brooch today.

When I was riding on the bicycle, the brooch flew just like a bird.

今日 ブローチを なくしてしまいました。

なくした と言うより 飛んでいってしまった と言ったほうが いいかもです。

朝 出かける時 なんとなく ブローチが 飛んでいくような 予感は していたのですが・・・

やはり 安物は 飛んでいくのですね・・・アブナイアブナイ

留め金の 針の部分が ヘニャヘニャで バネ状態だったので 外れたら 飛んでいくのかしら などと 思っていたのでした。

自転車に 乗っている時 飛んでいったので 七宝焼きのブローチ様 いずこへ 行かれたかは 不明。

結構 気に入っていたのですが 羽が 生えて しまったようですにゃあ・・・ 
[PR]
by rikiushi_blog | 2012-05-11 22:51

雨のお祭り/Umbrellas

d0090888_2122677.jpg
The festival of Ome was performed in rain.

This photograph is the sight of its back the float.

雨の中 先日 東京・青梅市で 青梅大祭が 行われました。

写真は 山車(だし)の 後ろ姿。

山車の後ろに こんなに ビニール傘が 掛けられているのも 珍しい。

風情ある山車と 使い捨ての ビニール傘の 組み合わせは なんか チグハグで しっくり来ないような 来るような ひじょうに 日本的光景なのかも しれません。

(ビニール傘は 外国にはないので 外国のかたにとっては 不思議な傘です。) 

なんだか 考えさせられる光景でした・・・   
[PR]
by rikiushi_blog | 2012-05-06 21:33

モン族の刺繍/My shopping

d0090888_15212148.jpg
The photograph is the coin purse which the Monn fellows made.

This coin purse has stabbed very fine embroidery.

最近の 私の お買い物 

ラオスの 山岳地帯に住む モン族の 刺繍のはいった 小銭入れ 700円くらいだったかなあ・・・

ギャラリーで 売っていたのですが 裏も表も 細かく 美しい クロスステッチが ほどこされている とても 手のこんだ ハンドメイドの 小銭入れです。

こんな細かな 刺繍 見たことが ありません。
黒い生地に この小さな ステッチを 刺すなんて よっぽど 目が いいのだと 思います。
そして 忍耐力が あるのでしょうねぇ・・・

モン族は インドシナ戦争の 影響を うけて 長い間 タイの 難民キャンプで 暮らしていました。
今は ラオスに 帰還し 再出発を はじめています。
刺繍を 得意とする モン族の女性は 畑仕事の合間に 小さな女の子から お年寄りまで 刺繍仕事を するそうです。

なんか 綺麗で 使うのが もったいないくらいです。
小銭ではなく アクセサリーでも いれようかしら・・・
[PR]
by rikiushi_blog | 2012-05-02 16:37